商売人であれば、
扱う商品を熟知しているのは当然のことです。

商品を知り尽くしているからこそ、
良いところをアピールして、
売り上げを伸ばすことができるのです。

しかし、どれだけ自信を持って売ろうとしても、
売る相手のことを知らなければ、売れません。

何をどんな時に欲しているのか?
どうすれば喜ぶのか?

お客さまを熟知していれば、
どんなモノを、いつ提供して、
どのようにアピールすればいいのか、がわかってきます。

歴史を重ねた夫婦のように、
相手が何も言わなくとも、
求めているものが手に取るようにわかるのです。

商売人は、そうならなければいけないのです。

ただし、夫婦のように時間を掛けることはできません。

徹底的かつ早急に、
相手のことを勉強する必要があります。

観察して、話して、時には分析し、
時には肌で感じるようにしなければいけません。


お客さまを知り尽くすと、
「商売は“楽”だ」と言ってもいいでしょう。

必要なモノ、必要ではないモノ。
欲しいモノ、欲しくないモノ。
好きなモノ、嫌いなモノ。

これらがすべてわかっていれば、
売るモノを間違えることはありません。

また、扱っている商品に囚われず、
何でも売ることができます。

“○○のお店”ではなく、“○○さまのためのお店”
を創ることができるのです。

まさに、究極のターゲットの絞り込みだと言えます。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック