先日、観光地にある
工場直売の煎餅屋さんを見てきました。

工場が併設され、ガラス越しに製造工程が見学できます。

いろんな種類の海鮮煎餅が山積みされ、
すべて試食できます。

他のお土産物売り場や無料コーヒーのコーナー、
ブッフェ形式のレストランもあります。

平日だったのですが、多くのお客さまの姿がありました。

ここは、観光客相手に煎餅を売ることが目的の施設です。

ところが、レストランと無料コーヒーコーナー、
お土産売り場以外の場所、つまり、
煎餅売り場、工場に人がほとんどいないのです。

メインであるはずの煎餅が注目されていない、
ということです。

煎餅を見る人がいないわけではありません。
少しはいるのですが、見る人のほとんどは、
試食をしただけでその場を去ります。

味が悪いのかというと、そうではありません。
私が食べた限りでは、80点以上。

では、なぜ煎餅を手に取る人が少ないのでしょうか。

それは、煎餅のパッケージに問題があるようです。

スーパーで売っているような、
透明ビニールの大袋に入ったものしかないのです。

1袋500円。

お土産としては、味と量を考えると高くはありません。

しかし、見ためが“安もの”なのです。
お土産として、人にあげることはできません。

また、スーパーと同じようなものを、
1袋500円では買いません。

全部で15種類くらいの煎餅があったと思いますが、
すべてが同じ袋入りです。

このパッケージでは、自宅用として買うにも、
高く感じてしまいます。

やはり、お土産としての“佇まい”が必要なのです。

箱入りにするか、袋入りだとしても、
高級感を演出しなくてはいけません。

極端な言い方ですが、お土産は見ためが重要です。
“高そう”に見えなければいけないのです。

この煎餅屋さんは、
味に自信を持っているのかもしれませんが、
マーケティングを理解していません。

商品を高く売りたいのなら、
“佇まい”をもっと考えるべきです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック