私らしくない表現で、驚かれたかもしれませんね。

“ぼったくる”とは、
原価の安い商品を高く売ることです。

あまり価値の無いものを安く仕入れて、
価値があるように見せかけ、高く売ります。

これは、悪いことでしょうか?

そう、絶対にやってはいけません。
商売人以前の問題です。

しかし、価値のあるものを安く仕入れて、
高く売ることはどうでしょう?

お客さまがその価値を認め、
高くても大満足で買ってくれるとしたら、
そこには何の問題もありません。

宝石・貴金属がそうですよね。

原価を知ると驚いてしまいますが、
“高いこと”に価値があるとも言える商売なのです。

これが理想です。

値下げ競争もありません。
集客数ばかりを追わなくても良いのです。
接客にあたふたすることもない。

すなわち、楽に商売ができるのです。

商品・サービスに値つけをする場合は、
高くした方が良いということです。

「安くしなければ売れないのでは?」
「売れなかったらどうしよう?」

と、悩むかもしれません。

しかし、初めからギリギリの価格設定をしてしまうと、
競争が起こった場合に修正することができません。

損をしないためにも、
価格はできる限り高くしておく方が良いのです。

最初が肝心。
強気で高い価格をつけてください。

ただし、価格に見合った、
あるいはそれ以上の価値を本当に持っている
商品・サービスであることが大前提です。

単に高くしただけなら、本当のぼったくり、詐欺です。

お客さまが納得し満足して初めて、成り立つ方法です。


価格を高くすることには、もうひとつの目的があります。

高く売ると、当然利益も大きくなります。

商売人は利益に敏感です。

「これだけ売れば、いくら儲かる」と考えるだけで、
やる気を出すものです。

ここが大切なのです。

高く売れるようにするためには、
工夫をするようになります。
一所懸命に考えます。
これまでとは努力が違ってきます。

これこそが、価格を高くする目的なのです。

利益の薄い商品には、力が入りません。
良くないことですが、これが本音でしょう。

“儲かると嬉しい”という、実に単純な人間の心理を
自分自身で活用するのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック