消費者という言葉に違和感を憶えるほど、
消費するだけの社会ではなくなっています。

必要なモノはすべて揃い、
もう人びとは常に満腹な状態です。

食べなければ生きられないモノなど、何もありません。

すなわち、モノは売れません。

そんな社会で、売れるようにするには、
満腹感以外の付加価値をつけなければいけません。

いまさら言うまでもありませんが。

そこで、思い出してください。
お腹が一杯になっていても、食べたくなるモノを。

『甘いものは別腹』。

食後であっても、スイーツは美味しく食べてしまいます。

これは、どういうことでしょう。

行きたかったフレンチのお店で大満足したとしても、
それは消費の一部です。

日常の食事1回分が、フレンチに変わっただけです。

大衆食堂のお客さまが減って、
フレンチレストランのお客さまが増えたという、
“競争”をしたに過ぎません。

これでは、モノが売れたことにはなりません。
お金の遣う場所が変わっただけ。

もっとお金を遣ってもらう方法を
考えなければなりません。

それが、“別腹”商品なのです。

満腹でも食べたくなる商品。
新しい価値を持った商品。

そのヒントは……。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック