人がモノを選ぶ基準は、何でしょうか?

機能? 性能? 価格? デザイン?

すべて重要な要素ですが、最終的な判断基準は、
ほとんどの人が「デザイン」です。

つまり、“見ため”。


「人は見た目が9割」という本があったほど、
人でさえ見ためで判断してしまうのです。

真面目で誠実な男性がモテず、
中身の無いチャラ男がモテたりするのも、
女性が“見ため”だけで選んでいるからです。


「ミニ・クーパー」という車がありますが、
非常にファンが多く、人気があります。

ところがこの車は、よく故障することで知られています。
頻繁にメンテナンスしなければならない、
厄介な車なのです。

乗り心地も燃費も悪く、
車体は日本の軽自動車より小さいのに、
排気量が大きく、税金が高い。

なのに、どうして人気があるのでしょうか?

これは、“見ため”以外の何ものでもありません。

格好良くて、可愛くて、時に渋く。
ファンにとっては、愛おしい存在なのです。

たとえ手間が掛かっても、大切に乗り続けたい車です。


このような人の志向を満足させることができれば、
モノは売りやすくなるのです。

価格競争の必要も無く、
高い利益率で売ることができます。

そうなるためには、
“見ため”の良い商品を仕入れなければなりません。

かといって、機能・性能を
置き去りにすることはできません。

機能・性能が良い上に、
デザイン性に優れた商品が理想ですが、
機能・性能は普通以上なら何も問題はありません。

「ミニ・クーパー」のような場合には、
劣っている機能・性能に眼をつぶっても
余りあるデザイン性を有しているのが前提です。


そんな商品を仕入れるには、センスが求められます。
あなたが、デザイン性に優れた商品を
選ぶ眼を養わなければなりません。

「お洒落」「格好良い」「渋い」「可愛い」
……というものが“わかる”センスです。

自らが格好良くなる必要はありません。
センスの良いモノを提供できれば良いのです。

センスを身につけたあなたがセレクトした商品を
自信を持って販売する。

まさに、セレクトショップになることです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック