他店に圧倒的な差をつけて売れる商品とは?

ずばり、「他店には売っていない商品」です。

「そんなことは当たり前だろ!」と、怒られそうですね。

だったら、なぜそんな商品を品揃えしないのですか?
売れることがわかっているなら、
扱えばいいのではないですか?

とは言うものの、それほど簡単ではありませんよね。
わかっています。

大手メーカーや問屋を探しているだけでは、
どこも同じような商品しかありません。

ならば、国内外の小さなメーカーを地道に探すか、
オリジナル商品を作るしか方法はありません。

オリジナルを作る?

「個人商店がそんなことできるわけがない」
「コストが掛かり過ぎて絶対に無理」

その通りです。

商品を一から創り出すことは、容易ではありません。

できなくは無いのですが、
もっと簡単にオリジナル商品を作る方法があります。

『付加価値をつける』。

「また、そんな話か」と思いますよね。
そう、使い古された言葉で、新鮮な驚きなどありません。

しかし、どこにでもある商品でも、
付加価値をつけることで、
オリジナル商品になり得るのです。


たとえば、「シェイプアップマシン」。

「このマシンを使えば、太ももの脂肪を落とし、
 腰のくびれを取り戻します」という商品。

よくある商品で、メーカーもたくさん存在します。
機能も価格も同じ。

とすると、どのメーカーのものがよく売れるのか?

同じような商品だと、
その選択基準は“イメージ”でしかありません。
すなわち、売り方に大きく左右されるのです。

こうした状況で、一歩抜け出すメーカーは、
必ず付加価値で勝負します。

「返金システム」や「アフターフォロー」を
打ち出すメーカーもありますが、
ひと目見てハッキリ差のわかる方法で
アピールするメーカーがあります。

『DVD』をつける。

シェイプアップのためのノウハウを映像化し、
それを見ながら運動するように提案するのです。

つまり、商品だけを売るのではなく、
シェイプアップのノウハウを売るのです。

これを見たお客さまの、
商品に対するイメージはまったく違ってきます。

どこにでもあるマシンではなく、
“このメーカーでなければいけない”となるのです。

他には無い商品となります。

同じ商品にDVDをつけるだけです。

これにより、
お客さまが他メーカーと比較することさえ、
無くなるのです。

ライバルがいなくなる、ということ。


あなたの扱っているにも、
何らかの“ノウハウ”があるはずです。

「上手に使うためのノウハウ」を
おまけにつけてみましょう。

DVD・小冊子・チラシ……何でも構いません。
商品をより詳しく知ってもらうための
情報をつけてください。

これだけでオリジナル商品が完成します。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック