あなたは、セール企画を立てたら、
チラシやDMで集客しますよね。

それで、かなりの効果があるのならいいのですが、
“まぁまぁ”だったら、どうしていますか?
とりあえず、利益は出たとします。

「まぁ、これくらい集まったら、良しとしよう」
「利益が出たんだから、いいじゃないか」

そんな考え方で終わっていませんか。
こんなことで、自分を納得させてはいけません。

企画を立てたり、チラシやDMを作るのだって、
手間と時間がかかっているはずです。

“まぁまぁ”で満足していては、
ずっと“まぁまぁ”でしかありません。
飛躍は望めません。

すべてを成功させることは無理でも、
コンスタントに当てることが必要です。

じゃあ、企画の内容を
考え直さなければいけないのでしょうか。

確かに、それもありますが、
毎回毎回凝った企画を考えることは無理ですし、
また、その必要もありません。

正直に言ってしまえば、「ありきたりの販促企画」でも、
やり方次第で、集客効果を高めることは可能なのです。

難しく考えることはありません。
「割引セール」でも「目玉商品」でも
「おまけ」でも構いません。
そのアプローチの仕方を考えてみましょう。

ここで、ひとつの方法をご紹介しましょう。
あくまで、ひとつの方法論で、
他にもさまざまな方法があります。

「マクドナルド」「ケンタッキー」「ミスタードーナツ」の
クーポンつきチラシを見たことはありますか。

“期間中はセット○○円”“すべての商品100円”
などの切り取り線つきクーポン
がついているチラシです。

そのチラシをよく見ると、
すべてのサービスが一定期間だけのものもありますが、
サービス期間を数回(3回が多い)に
分けている場合があります。

これは、お客さまの来店頻度を上げるための作戦です。
しかも、チラシ制作・配布コストを
下げるための方法でもあります。

つまり、一度チラシを打てば、
お客さまは3回のサービスを利用することになります。
チラシ1回分のコストで、
効果は3倍になるということです。
逆に言えば、3回チラシを打つコストが、
3分の1になるのです。

日本は、アメリカのような
クーポン社会ではありませんが、
不況の現代では、「少しでも安く」というクーポンは、
お財布に入っているのではありませんか。

いかがですか?

“まぁまぁ”の集客法でも、
コストが3分の1になるのなら、
利益率は高くなるはずです。

また、上得意客向けには、DMを送る方法もあります。

「このハガキは、
上得意のお客さまのみにお届けしています」と書いて。
もちろん、3回利用の企画を組みます。

1枚のチラシ、1回のDMで、
3回の来店購買を促す方法です。
試してみませんか。

何もやらずに、「そんなものは効果が無い」
と決めつけるのはやめましょう。


■FC2 ブログ★ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。






スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック