居酒屋で酒の肴に「筑前煮」を頼むと、400円。

「京のおばんざい」のお店で、
「京野菜の炊いたん」を頼むと、1000円。

同じものを頼んでいるつもりでも、600円の違い。
これは、どういうことでしょう?

ひと言で言うと、“雰囲気”の違いです。

普通の大皿料理も「京のおばんざい」と言われると、
歴史ある伝統料理のように感じます。

母親が作るような筑前煮も、
「京野菜の炊いたん」となると、
京都でしか食べられないような気分になります。

言葉の違いだけなのですが、さすが京都、
“演出力”が優れています。


鴨川の川床(ゆか)料理は、
京の夏の風物詩として親しまれ、
全国や海外からもお客さまが集まってきます。

単なる川べりのテラス食堂なのですが。

そこに座って、
細かく骨切りしなければ食べられない鱧を食べると、
ひとり1万円以上は取られます。

鱧がよく獲れる瀬戸内海の地元では、
骨だらけで面倒なので、昔は食べなかったそうです。

そんな魚さえ高級品にしてしまうのが、京都の力です。


茶さじ1杯の抹茶と小さな和菓子を、
お庭の見える古いお屋敷で“いただくと”、
1000円を超えます。

コスメショップでおまけに貰うような
「あぶらとり紙」も、
京風にデザインしたカバーをつけると、500円です。

西陣織の切れ端でできた袋に
香料を入れた「匂い袋」は、5000円となります。


このように書くと、
私が京都に対して悪意がある
と思われるかもしれませんが、
そのつもりはありません。

京都に行った人が、雰囲気に酔い、素敵な時間を過ごし、
楽しいお買い物をして、満足して帰って行くのなら、
誰も異議を唱えることは無いでしょう。

京都は、モノを高く売ることができる場所なのです。

商売人にとっては、羨ましいですね。

そんな京都の“演出力”を見習って欲しいのです。

普通のモノに“高級品”という価値を与える、
京都の知恵。
脱帽です。


………その対極に、
“正直商売”があることは、忘れないでください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック