「十人十色」「一人十色」と言われる、
いまどきのお客さまの嗜好。

それを読み取り、
ずばり対応できるお店が勝ち残っていきます。

しかし、容易くはありません。

どれだけマーケティングを駆使しても、
長年の経験からくる直観を働かせても、
100%読み取ることはできません。

ならば、どうすれば……。


お客さま一人ひとりの要望に、
“できる限り”応えることができるような、
システムを作ること。

これが、ひとつの解決策となります。


例えば、百貨店・スーパーで見掛ける、
お弁当の「グラム売り」。

さまざまなおかずが並ぶ中から、
好きなものを好きなだけ取り、
トータルの重量で価格が決まります。

既存のお弁当メニューから選ぶより、
お客さまの嗜好にピッタリとハマります。

お客さま自身が選んでいることで、
不満もほとんどなくなります。

毎日利用しても、その日の気分で選択でき、
その時々で選ぶ楽しさもあります。

これほど、自身のわがままを通せるお店は
他にありません。

すなわち、満足度の非常に高いお店として、
評価されるのです。


お客さまの多様な要望の
ひとつひとつに応えることはできません。

そこで、考えられる要望に合わせた商品を
いくつか用意し、お客さまに選択してもらうのです。

例え、本当に欲しいものではなくとも、
“選択”という行為が、
自身の欲求を満たす“代わり”の役目を果たすのです。

もし、選んだ商品が自分に合わなくても、
「あのお店はダメだ」とはならず、
「今度は他のものにしょう」となるのです。

つまり、再来店率は高くなります。

フレンチ・イタリアンレストランの「プリフィックス」や
食べ放題のお店も同じですね。


このシステムは、飲食店に限らず活用できるはずです。

ひとつの商品の中で、選択肢を増やす。

量や大きさ、組み合わせの違い。あるいは、
お客さまの注文に合わせた
パッケージングなどが考えられます。


お客さまのわがままをもっと聞いてください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック