もし、あなたのお店が暇で、
一日中椅子に座っているだけだとしたら……。

本を読んでいる?
テレビを見ている?
転職のための勉強をしている?

もう末期症状で、お店が潰れるのを待つだけです。

しかしこれは、お店が末期症状なのではなく、
あなたが末期症状なのです。

「何をやってもウマくいかない」と、
気力を失っています。

こういう店主には、いつも疑問があります。

本当にあらゆることをやってみたのでしょうか。

“思いつくだけ”なのではないでしょうか。

商売を成功させるための手立てなど、無限にあります。

専門に勉強していても、終わりがありません。

それなのに、少しやっただけで、
「何をやっても…」と、諦めようとしています。

「もっと勉強しろよ!」と、怒りをぶつけたくなります。


……と、精神論だけ述べてみても仕方がないので、
暇な店主にひとつの方法をお教えします。

どうせ暇なので、
お店の前の通りを一日中眺めていてください。
これを一週間続けます。

お店の前を通る人を観察するのです。

性別、年齢層、職業(見ため)、
生活レベル(見ため)などを時間帯ごとに調べ、
データ化します。

このデータをもとに、
時間帯別客層に合う商品を店頭に並べるようにします。

つまり、時間帯によって商品を変えるのです。

もちろん、その客層が興味を持つ商品は何かを
勉強する必要はありますが。

これだけのことでも、通り掛かりの人が
フラッとお店に立ち寄ってくれる可能性は高くなります。

いつも同じ商品、いつも同じ陳列だから、
誰も興味を示さないのです。


お客さまを知れば、扱うべき商品はわかってきます。

お客さまが欲しい商品と出逢えば、
そこに商売が成立するのです。
繁盛への入口です。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック