世の中には、「気づく人」と「気づかない人」がいます。

人の動きや仕草をよく観察していて、
その人が求めていることを察知し、すぐに行動に移す人。

もう一方は、人のことなど興味もなく、
誰が何をしようが、知らぬ顔をしている人。

どちらが商売人に向いているかはわかりますよね。


お客さまが額に汗をかいていれば、
そっと冷房を強くする。

お客さまがキョロキョロして、
何かを探しているようなら、
近くに寄っていき、声を掛けやすくする。

お客さまが退屈していそうなら、
新聞や雑誌を奨めてみる。

あなたは、こうした心配りができているでしょうか。

できているなら、
あなたには“気づきのセンス”があります。

あまりできていないようなら、
「気づかない人」の烙印を私が押させていただきます。


どうして気づかないのでしょうか。

気づいて行動すれば、
お客さまのお店に対する印象が
変わってくると思いますよ。

好感を持っていただけ、
また来店してくれるかもしれないのですよ。

一生のおつき合いができるかもしれませんよ。

なのに、あなたは気づかない。

やはり、商売人には向いていないのでしょうね。


『お客さまを喜ばせたい』

そう思ったことがないのでしょう。

儲かっている商売人は、
儲けようと努力しているのではありません。

「お客さまを喜ばせたい」
という思いで行動しているだけです。

お客さまに喜んでいただくためには、
お客さまの“喜びそう”なことを
見つける必要があります。

これが、“気づきのセンス”なのです。

「じゃあ、俺にはセンスが無いからダメだ」と、
諦めることはありません。

このセンスは、生まれ持ったものではなく、
身につけ、磨いていくことのできるものなのです。


まずは、お客さまに興味を持つことです。

お客さまは百人百様。
ひとりひとりをじっくり観察し、
欲しているものを探ってください。

そして、行動に移してください。

これを毎日繰り返せば、
“気づきのセンス”は身についていきます。

無意識で気づくようになります。

これが、商売人の素養となるのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック