お客さまの期待に応えることができ、お店は大繁盛。
常連さんもたくさんできて、将来は安泰。

………と喜んでいても、
そうそうウマくいかないのが、商売というもの。

「このやり方で合っていた」と自信を深めても、
その成功は一時的なもの。

気を緩めず、精進することが肝心です。

………と言ってみても、
それくらいのことは誰もがわかっています。

しかし、わかっていてもやらないから、
たくさんのお店が潰れるのです。


一度成功してしまうと、
「自分には才能がある」と勘違いしてしまいます。

“イケイケどんどん”で、
深く考えることをやめてしまいます。

俺は正しい、確信があると、根拠のない思い込みをして、
失敗すると“客が悪い”と考えるようになります。

こうなると、お店が潰れるのも時間の問題です。

常に謙虚であり続けることを忘れてはいけません。


精神論はさておき、一度繁盛したお店が
気をつけなければならないことがあります。

『お客さまの期待はグレードアップしていく』
ということ。

お客さまの期待に応えることができたから、
成功したのですが、
今後もずっと期待に応え続けることができるでしょうか。

「品質を守り、サービスを徹底していれば、
 お客さまは離れない」。

そう考え、実践することは立派です。
商売の基本としては正しいことです。

ところが、そう単純なものではありません。

お客さまは、わがままです。

お店や商品に対する期待は、どんどん増大していきます。
決して、現状での満足は持続しないのです。

この増大する期待にどう対応するかが、
お店の存続を左右します。

お客さまのわがままをそのまま聞いていてはキリがなく、
お店の進むべき道とも合わなくなります。

さりとて、わがままを無視すると、
お客さまは離れていってしまいます。

その見極め、さじ加減が難しいところですが、
お客さまの“納得”を引き出さなければなりません。


期待のグレードアップに応えるには、
お店のグレードアップも欠かせません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック