お店の外観を見て、何のお店かがわからなければ、
人は興味を持ちませんし、当然入ることもありません。

ひと目見て、何のお店なのかをわかるようにすることは、
基本中の基本。もし、わかりにくいのなら、
対策を講じなければなりません。

謎めいたお店を演出したり、
一見さんには来て欲しくないお店の場合は別ですが。

何のお店かがわかったとしても、
お客さまが入店を躊躇する場合もあります。

『中の様子がわからない』。

お客さまが一番不安に思うことなのです。
これほど入りづらいお店はありません。

入口の間口を広くとっていたり、
大きな窓ガラスで中が見えるのなら、
何の問題もありません。

しかし、お店の改築に制限があってできない場合や
ビルに入っているお店は、
通り掛かりの人に中を見せることはできません。

そんな時には、中の様子が伝わるような工夫が必要です。

たとえば、大きな看板に店内の写真を載せ、
“安心して入店できる”ことを
アピールすることもできます。

ビルの入口に、いろんなお店の看板やメニューを
置いている場合もありますが、
店名やメニューだけではなく、
“ビジュアルで見せる”ことが大切です。

液晶のサイン・ディスプレイを置いて、
リアルタイムの店内映像や
CM仕立てのメッセージを流すのも効果的です。

動画は、通り掛かりの人の眼に留まりやすいのです。


「商品・味が良ければ、必ずお客さまは来てくれる」

その考えは、捨て去ってください。

お店を知らなければ、そのお店は存在しないも同然。

口コミで広めてくれるオピニオンリーダーでさえ、
お店を知ることができません。

また、あなたが思うほど、商品・味が優れているとは、
お客さまが思わないかもしれません。


競争の激しい時代。
アピールしないお店は潰れるのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック