常連さんでいつもいっぱい。

一見さんは入りづらく、
新規客は増えていない様子なのに、
何年も繁盛しているお店。

そこには、どんな秘密があるのでしょうか?


優れた商品・サービスが売りであるなら、
新規のお客さまもどんどん増えるはず。

しかし、常連さんばかりだということは、
そこに“コミュニティ”の存在が考えられます。

すなわち、“仲間の集まり”。

共通する趣味や活動を持った人たちが、
このお店を「溜まり場」としているのです。

店主は、その場所を提供するだけではなく、
メンバーのひとりとして、話に加わっています。

そんなところに、見知らぬ人は入りづらいものです。

常連さんばかりだと、商売としては発展性がないのでは、
と考えてしまいますが、心配は無用です。

趣味や活動の仲間が増えていけば、
自然にお店のお客さまとなっていきます。


さらに、コミュニティの世話役を買って出れば、
お店が連絡場所となり、
常に仲間が来店するようになります。

勤め人だと日中の連絡が取りにくく、
その人の元に集まることもできません。

しかし、お店を持った人なら、
いつでも立ち寄り、直接話すことができます。

集まりやすいことも、
コミュニティを存続させる上で、メリットとなります。


コミュニティの重要な存在となることで、
お店の集客に苦労しなくて済みます。



■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック