お客さまが、商品の購入を決定する基準は、
「価格に見合った価値」あるいは「価格以上の価値」が、
あるのかどうか。

価値があると判断した場合に、
財布を開くことになります。

あなたの扱っている商品に、
その価値はあるでしょうか?

「もちろん、あるさ。でも、売れない」という場合には、
価格と価値のバランスが悪いのかもしれません。

“それなりの商品で、それなりの価格”では、
誰も興味を持ちません。

“安いのに、そこそこ良い商品”が、
最低限必要なレベルです。

ならば、
「“そこそこの商品”があるのだから、安くすれば良い」
と考えるのは間違いです。

それは、大手量販店のやり方です。

個人商店がやっては、体力不足ですぐに潰れます。

体力の無い小さなお店がやるべきは、
商品の価値を高めることです。

価値の高い商品を探すのはもちろんのこと、
既存商品の価値を見直すことでも対処できます。

単に棚に並べていただけでは、
お客さまは見ためでしか価値を判断しません。

しかし、その商品の生まれた背景やこだわりを
POPなどで説明すれば、価値は一気に高まります。

すると、プライスカードの数字が、
非常に安く感じるようになるのです。


「価格以上の価値」がたくさん並んでいるお店に、
人は集まります。

商品を見直し、「どんな価値を与えれば……」
ということを考えてみてください。



■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック