お客さまが商品を選ぶ基準は、何でしょうか?

この問いに、明確な答えはありません。

お客さまの志向は多種多様になっており、
品質が良いから、安いから、面白いから、
というだけでは、売れなくなっています。

お客さまが、“欲しい”と思うような仕掛けを
作らなければなりません。

そのためには、いまある商品の見せ方・売り方を変える、
という方法があります。

たとえば、テーマを設定して、
そのテーマに合った商品を一カ所にまとめます。

雑貨屋さんなら、
「毎日、家飲みしたくなる!」をテーマにして、
グラスやテーブル、アロマキャンドル、
DVD、パジャマなどを
ひとつの売り場でコーディネイト提案します。

この売り場を見たお客さまは、ふと気づくのです。

「そうか。家飲みもいいなぁ〜」と。

従来の売り場では、リビングのコーディネイト、
キッチンのコーディネイト、寝室の……
という、場所ごとの演出を見せていただけでした。

これでは、お客さまが“気づかない”のです。

コーディネイトの見本を見ているに過ぎないからです。

「家飲み」というテーマで提案されると、
人それぞれに好みの設定を想像し始めます。

想像力は無限なので、
お店の提案以上に夢を膨らませてくれます。

すると、その売り場から、
好みに合った商品を選び始めるのです。


つまり、商品の括り方を変えてあげることで、
お客さまがより具体的な選択基準を
持つことになるのです。

お客さまが何気なく歩いている売り場で、
“反応する”確立を高めることができます。

見せ方・売り方次第なのです。



■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック