お店の前を通りがかる人は多いのに、
足を止めてくれない、入ってくれない。

歩いている人は、目的があって歩いているので、
余程興味が湧かなければ、立ち止まってはくれません。

ただブラブラしているだけの人は、あまりいませんから。

そんな人たちに眼を向けさせるためには、
仕掛けが必要です。

お店に気づかせる刺激を与えなければいけません。

その基本は、『五感』に訴えること。

見させて、聞かせて、触れさせて、
味わわせて、匂いを嗅がせて、
「おやっ、何だろう?」という興味を持たせるのです。

「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」に、
強いインパクトを与えます。


わかりやすい例では、
焼き鳥屋さん・うなぎ屋さんの匂いです。

団扇で外に向けてあおいだり、
排気ダクトをわざと正面に出し、
匂いでお客さまを誘います。

すなわち、「嗅覚」に訴える方法。

あの匂いは強烈で、
ついついお店に足が向いてしまいます。


「視覚」の場合には、
お店の外観やショーウインドウで刺激を与えます。

食品サンプルやマネキンがそうですが、
最近は店内の様子を
モニターで流しているお店もあります。

動画は人の興味を惹きますから。


「聴覚」には、魚屋さんの呼び込み、
店内BGMなどがあります。

映画「ロッキー」のテーマ曲を聴くと、
走りたい気分になる人が多くいるように、
音楽は人間の感情に大きく影響します。

つまり、楽しくなる音楽、
落ち着く音楽を上手く活用すれば、
お店に誘いやすくなります。


「触覚」には、「ご自由にお手に取ってご覧ください」
というPOPを掲示しておけば、商品に触りやすくなり、
お店に近づく人が多くなる効果があります。

また、触りたくなる物体を置いておくのも効果的です。

女性を観察していると、
手触りの良さそうなぬいぐるみやクッション、
シルク製品、可愛い小物雑貨があると、
すぐに手に取る傾向があります。


「味覚」は、ずばり試食・試飲で
お客さまを誘い込みます。

“タダ”に弱いのが、人というもの。
大きな吸引力となります。


このように『五感』に訴えるのは、
人の感覚に刺激を与えるものなので、
理屈抜きで興味を持たせることができます。

理屈でものを考えると、
「必要か必要でないか」で判断してしまいますが、
感覚なら、「好きか嫌いか」で選ぶようになります。

“好き”にさせるのは、演出次第。
理屈より、売りやすいのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック