自分をより美しく見せたい。見られたい。

これは、女性の願いです。

そのためにお洒落をして、女磨きに余念がない。

この心理をウマく活用すれば、集客は容易になります。

たとえば、ファッションのお店では、
流行のモノや女性が気に入りそうなモノを陳列して、
演出に工夫を凝らしています。

マネキンに着せた商品がキレイに見えるよう、
ライティングにもこだわっています。

モデルのポスターなども貼って、
イメージしやすいようにもしています。

女性は、自身が着ているところを勝手にイメージして、
想像の世界で納得すれば、試着室に入って行きます。

問題はここからです。


試着室にこだわっていないお店が多いのです。

狭くて、照明も小さく、鏡もひとつ。

これでは、売り場では美しく見えた服を見ても、
「イメージと違うわ」となってしまいます。

一番大切なのは、
試着したお客さまがキレイに見えるかどうか。

試着室の雰囲気は、
扱っている服に合ったデザインであるべきです。

鏡は3面で、横や後ろ姿が確認できること。

照明も、服に合わせた色合いや明るさを
考えなければなりません。

お客さまが着て、キレイに見えなければ、
どんなにお奨めの商品であっても、
買ってはもらえません。


売り場の鏡も重要です。

身体に服を当ててみて、
大まかなイメージを見るために置いていますが、
ここでも照明が大切です。

お客さまが立つ位置に当たる照明にも
気を遣う必要があります。

商品を美しく見せるためだけではなく、
お客さま自身をキレイに見えるように考えることです。

主役はあくまでお客さま、
であることを忘れてはならないのです。


女性がキレイに見える工夫が必要なのは、
ファッションのお店に限ったことではありません。

美容室、レストラン、雑貨屋さんなど、
女性が多少なりとも気合いを入れて行くお店では、
とても重要なことです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング









スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック