世の中の動きは、決して一方向ではありません。

巷で流行っているからといって、
消費者のすべてがそれを求めているとは限りません。

必ず、流行の対極を望む人が
いることを忘れないでください。


最近、昔のレコードが復活しているのをご存知ですか。

ターンテーブルを回転させる、あの黒いレコードです。

新曲をわざとレコードで制作する
アーチストも出てきているのです。

アナログな音の響きに、哀愁・郷愁を感じているのです。

デジタルには無いものを求める人がいるということです。


テレビ・雑誌で、
「伊勢うどん」がよく登場した時期があります。

まったくコシのないうどんに、
甘いタレを掛けて食べるのです。

コシの強いさぬきうどんが定着してきたいま、
「ちょっと待って!」と、
声をあげる人たちが出てきたのです。


世の中がヘルシー志向となって久しいのですが、
数年前にはマクドナルドが超高カロリーの
「メガマック」を発売し、大ヒットとなりました。

その後も「ビッグアメリカシリーズ」を登場させ、
ヘルシーとは程遠い商品で成功しています。
(現在はダメですが)

「ヘルシーなんかクソ喰らえ!」
という消費者が飛びついたのです。


このように、世の中には「静と動」「正と負」という、
2つの意見・2つの志向が、必ず存在します。

流行を追うビジネスもあれば、
流行の対極を狙うビジネスもあるのです。

情報に流されず、長く続けられるのはどちらかを、
じっくりと見極めてください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック