あなたのお店では、
安くてありきたりな包装紙を使っていませんか。

どうせ捨てられるのだからと、
経費を削減していませんか。

センス良く見せるために、
お洒落な包装紙を使っていたとしても、
やはり捨てられるものですが。

もし、お客さまが捨てることをためらうような
包装紙を使ったとしたら、
どんな効果が期待できるでしょうか。

捨てられないということは、
残しておきたいと思うほどの魅力があるのです。

たとえば、包装紙のデザインが、
アップリケの型紙になっているとしたら…。
刺繍の図案になっていたら…。

包装紙の絵を切って組み立てると、
ドールハウスになったら…。
朝顔の行灯になったら…。

かなり印象的で、楽しいですよね。
お店のセンスに拍手を送りますよね。

これらのアイデアは、実際にお店がやっているものです。

また、包装紙がオリジナルの新聞になっている、
たこ焼き屋さんもあります。

お客さまは、その新聞目当てで定期的に来店しています。


捨てられない包装紙は、お店の強力な宣伝ツール、
お客さまとのコミュニケーションツールとなります。

小さなことにこだわり、小さなことにも手を抜かない。

それが、商売人です。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック