店主たちは、いつも集客で悩んでいます。

セールをすればお客さまは来てくれるけれど、
あまり収益には繋がらない。

それは当然のことです。
単なる安売りをしているからです。

利益を少なくしてお客さまが増えても、
儲かる金額は大差ありません。

薄利多売で儲かるのは、大規模店だけです。

店主は、それがわかっているから、
セールを躊躇するのです。

しかし、セールもやり方次第で、
収益に繋げることはできます。

「目玉商品」を作って、ガンガン集客しましょう。

と言うと、大昔のコンサルティングのようですが、
実はこれが、小さなお店でも
セールで収益を上げることができる方法なのです。

単にお得な目玉商品を作っただけでは、
収益は上がらず、損をそるだけです。

目玉商品と一緒に買ってくれそうな商品の
利益率を高める工夫をするのです。

つまり、原価が安く、
しかも買いやすい価格の商品を作るのです。

ついでに買ってくれる商品で、収益を上げる戦術です。


たとえば、幸楽苑や日高屋など、
ラーメンの安いお店があります。

しかし、お客さまは
ラーメンだけを食べるわけではありません。

炒飯や餃子、唐揚げなどを注文します。

もっとも注文の多いサイドメニューは、餃子です。

餃子の価格は安く設定されているので、
ついでに注文しやすいのです。

ところがこの餃子は、安いけれども利益率が高いのです。
原価率十数%。非常に儲かる商品なのです。

すなわち、安いラーメンを目玉商品にして集客し、
ついでに注文する餃子で、収益を確保しているのです。

目玉商品を作るかたわらで、
利益率の高い“収益商品”を作ることが重要なのです。

これを同時にやらないと、目玉商品ばかりが売れて、
まったく儲からないことになります。


この餃子のような“収益商品”を作ってください。
買いやすい価格で、利益率の高い商品を。

それが、お店を支えてくれます。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック