「売る人と買う人」というだけの関係では、
常連さんはおろか、リピーターになってもらうことも
難しいのではないでしょうか。

お客さまとお店の間には、
“繋がり”というものが不可欠なのです。

これがなければ、繁盛店にはなれません。

眼に見えない“繋がり”を創るには、
信頼できる商品の販売、信頼できる商売を
しなければならないのはもちろんのこと、
まずはお客さまと仲良くなることから
始める必要があります。

友だちとの関係づくりと同じです。

「初めまして。私は○○と申します」から始まり、
出身地や住まい、職業などを聞きますよね。

お互いが質問し合い、どんな人物かがわかってきます。

これを繰り返すうち、
やがて世間話やムダ話になっていき、
どうでもいいようなことを、
楽しく、可笑しく、笑い合う仲になれるのです。

これが、“繋がり”なのです。

特に用がなくてもお店に顔を出し、
店主とムダ話をして帰って行く。

この関係づくりが大切なのです。

そのためには、
店主がどれだけムダ話をできるかが重要です。

話題を提供できるかどうか。

どんな分野の話でも構わないのですが、
できればお客さまの趣味の話や興味のあることの方が、
話は弾みます。

日頃からの話題集めが肝心ですが、
興味本位で面白そうな話題を探せば良いでしょう。

ムダ話なので、上手に話そうとか、
キッチリ話そうと思う必要はありません。

「あっ、そうそう…」「そう言えば…」
で始めれば良いのです。

次々に話題を変えても構いません。

お客さまが話に乗ってくれば、
その話を広げれば良いのです。

ムダ話の達人は、
人とのコミュニケーションが上手な人です。

すなわち、お友だちの多い人だと言えます。

商売人であれば、
=常連さんが多いということになります。

それほど、ムダ話は大切なのです。
どんどんムダ話をしてください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック