SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
が普及し、多くの人が情報発信するようになりました。

「こんなところに行って、楽しかったよ」
「あのお店、美味しかった」
「見て見て、これ面白いでしょ」……。

一般の人が、いろんな場所やお店に行って、
“取材”するようになりました。

その楽しさを知って、
自ら積極的に“ネタ探し”をし始めたのです。

話題のお店、注目のスポットに足を運び、
ツイッター・フェイスブックに感想をアップしています。

この情報が拡散し、その場所・そのお店には、
さらに人びとが集まるようになるのです。

こうした人たちにどんどん来てもらえるようになれば、
お店の繁盛は約束されたようなものです。

では、どうすれば来てもらえるのでしょうか。

『話題づくり』。

“面白い”“楽しい”“変わっている”といった、
他のお店とは違う特徴を持つことです。

「うちの○○は、他とはちょっと違いますよ」
と言える、品揃えにするのです。

簡単に言えば、“目立つ商品”を作ることです。

その上で、自らも情報発信しなければなりません。

「新商品が完成しました」「こんなに苦労しました」
と、より多くのSNSで書き込みをします。

ネット時代は、誰かが見ています。

その“ネタ”に話題性があれば、
驚くスピードで広まっていきます。

面倒だ、恥ずかしい、わからない、と言っていては、
人びとに注目されません。

楽しいことを考えて、“ネタ”を提供してあげましょう。
みんな、待っています。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック