お店の繁盛戦略について語る時、
「小手先のテクニックではダメだ」
と表現することがあります。

私も何度か書いていると思います。

しかしこれは、
小手先のテクニックを否定しているのではありません。

売り上げを伸ばしたいと焦っている店主は、往々にして、
わかりやすい“小手先”に走ってしまいがちなので、
それを戒めるために、そう言っているまでです。

もちろん、“小手先”だけではダメなのですが、
商品には何の問題もないのに売れない、という場合には、
この“小手先”が有効な手立てとなってくるのです。

質の良い商品を扱っているのに売れない、ということは、
お店や商品のことが知られていない可能性が高いのです。

知らなければ、商品にどれだけ価値があったとしても、
存在しないことと等しいのです。

価値は、お客さまに伝わってこそ、価値なのです。

だとすれば、お店の存在・商品の価値を
伝えることから、始めなければなりません。

ここで、“小手先”のテクニックが必要となるのです。

チラシを打つ、お店を改装する、のぼりを立てる……。

素人集団の商工会議所が提案しそうなことですが、
こうしたケースに限って、
この“小手先”が非常に有効となるのです。

いま現在チラシを打っているというお店なら、
横書きを縦書きに変えてみるという“小手先”。

垢抜けない古いお店を
洗練されたお店に改装する“小手先”。

既製品ではない、デザインされた
オリジナルのぼりを立てる“小手先”。

たったこれだけのことで、
お客さまがお店・商品を認識し始めるのです。

常連さんにしか知られなかったお店・商品が、
注目されるのです。

“小手先”をバカにすることはできません。

ただし、手法は“小手先”でも、
その“質”は高くなければいけません。

じっくり考えた上で、実践してください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック