一般家庭では、魚を買わなくなっています。

調理が面倒。煙や匂いが気になる。値段が高い。
骨があるから食べづらい、という意見まであります。

住宅事情や食の欧米化を考えると、
仕方のないことかもしれません。

そんな人たちを相手に、何とか魚を買ってもらおうと、
業界は四苦八苦しています。

焼くか煮るだけで良い状態で販売したり、
調理して販売したり。

政府は、「骨無し魚」まで推奨しています。

しかし、消費者はなかなか振り向いてはくれません。

どれだけ手間を省ける商品を作っても、
魚に匂いがある限り、
現代の消費者は手を出さないでしょう。

部屋が汚れたり、匂いが籠ったり、
隣近所への迷惑を考えると、
魚の調理は敬遠してしまいます。

ところが、魚の消費量が極端に減少しているかというと、
そうでもありません。

みんな、外で食べているのです。

食生活に根づいた回転寿司は、
庶民であっても気楽に食べられるので、
魚の消費量を押し上げています。

また、定食屋さんも魚の消費に貢献しています。

最近は、家族連れで
「大戸屋」のような定食屋さんに出掛けるようです。

家で食べられない
「焼き魚」「煮魚」を食べるために行くのです。

家族連れで定食屋さんに行くなど、
これまでなかったことです。

ここから考えると、
魚が嫌いになったわけではなさそうです。

やはり、調理の問題です。

こうなると、家で消費してもらうことを考えても、
無駄かもしれません。

外で食べる機会を増やすことに注力した方が、
消費を拡大するためには、有効なのではないでしょうか。


お客さまの不満や困りごとを取り払い、
“これだったら…”と思える売り方を
しなければなりません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック