あなたは、商売繁盛のために、
本を読み、セミナーに通い、
多くのメルマガに登録していることでしょう。

その姿勢は認めますが、
それらは“役に立っていますか?”

次々に出てくる、これらの情報は、
ある程度の「価値がある」という判断のもとに、
流れているはずです。

しかし、ある人にとっては
「非常に役に立った」という情報でも、
別の人にとっては「まったく価値が無い」
というものになってしまうことがあります。
この差は、どこから生まれるのでしょうか。

情報が悪いのでしょうか。
しかし、役に立っている、という人もいます。
ならば、「いい情報」だという判断もできます。

私は、情報を受ける側の
『意識』の問題ではないかと思います。

“知識を吸収してやろう”“ヒントを得よう”
“何かに役立つはずだ”

そんな高い『意識』を持って、
情報を分析・整理している人にとっては、
とても有益な情報となります。

“すぐに儲かる方法を知りたい”
“集客の手口を知りたい”
そんな思いだけで情報を集めている人にとっては、
なかなか「価値」が見つからないものです。


本を読むことを例にしますと、
よく「行間を読め」と言われます。
それは、印刷された文字を追うだけではなく、
その文章が書かれた背景や裏側を
想像しながら読めば、面白く読めるうえに、
見えなかったものが見えてくるからです。

成功した人の本は、
みんなが飛びつき、何万部も売れます。
「へぇ~、すごいなぁ」「こんな方法があるのかぁ」
と驚き、マネしょうとします。
しかし、マネして成功する人は皆無だと言えます。

マネして成功したかに見える人もいますが、
それは、自分なりの解釈を加え、
オリジナルの方法を創り出したから、成功したのです。

これが、『意識』の違いです。

『意識』の低い人は、
“マネすること”ばかりを探します。
“マネすればウマくいく”という方法をいろいろ漁り、
目新しさが無いと、「価値が無い」と文句を言います。

知っていても、実践していなければ、
知らないのも同じです。
それを再度教えてくれる情報(本)なら、
「価値」があるものなのです。


私は、リサイクルブックの中から、
古いビジネス書を買い漁ることがあります。
たぶん、読者のほとんどが
「そんなもの、いまさら役に立つのか」
と、思われるかもしれません。

これが、非常に役立つのです。
私にとっては、「価値」があるものなのです。

商売の戦術面では、
確かにその手法は変わってきていますが、
戦略面、つまり「商売の基本」は、
何ら変わっていないのです。

『お客さまへの奉仕』
これしか無いのです。

その戦略をさまざまな角度から見ることができるので、
古いビジネス書を読むのです。

私が『意識』を持って読んでいるからこそ、
役立てることができるのです。

いま世の中に流れている情報は、「戦術」ばかりです。
大切な部分を忘れています。

戦術だけで繁盛させることはできません。
一時的に儲かったとしても、
永続させることは不可能です。

いろんな情報を手にした時は、
『意識』を持って、読んでください。
違う視点で見えるようになります。

情報は、「儲けの手口」ではなく、
「繁盛のキッカケ」です。
すべては、あなた次第なのです。


■人気ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック