通り掛かりの人が、お店を見ているとします。
雰囲気や何が売られているかを観察しています。

興味が湧いてきたら入りますし、
湧かなければ通り過ぎます。

もし、そこで見た光景の中に、
テキパキと動く店員さんや談笑するお客さまがいたら、
見た人の反応は変わるでしょうか。

人がもっとも興味を示す対象は、「人」なのです。

人が何をしているかが、非常に気になるのです。

どんな人が、どんなファッションで、
どんなことを話し、どんな考え方をしているのか。

なので、お店を見ていても、商品を見ていても、
そこに人が入って来たなら、
無意識に見てしまうのです。

このことから、お店や商品と同じように、
お店の中にいる人も、お客さまの興味の対象である、
ということを頭に入れておく必要があります。

何が言いたいのかというと、
店員さんやお客さまが、
お店を評価する対象となってしまうということです。

店員さんの動きや表情が評価されるのは当然ですが、
他のお客さままでもが“お店の一部”として、
評価されてしまうのです。

「客を見れば、店がわかる」と言われるように、
お客さまの質を他のお客さまが見ているのです。

ガラの悪そうなお客さま、品のないお客さまがいると、
それを見たお客さまは、
お店から遠のいてしまうのです。

お店や商品がどれだけ良くても、
「人」が悪ければ、興味を失うのです。

店員さんの教育が重要なのは当たり前ですが、
お客さまの質の向上を
大切に考えなければならないのです。

容易なことではありませんが、
やるべきことは明白です。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック