オークションサイトでは、
「個人取り引きなので、消費税が掛かりません」
という謳い文句でPRをしていることがあります。

「消費税増税」を利用した、上手い方法だと言えます。

増税分だけではなく、便乗値上げも増えているいま、
消費者は少しでも安いものを手に入れようと
躍起になっています。

だからといって、
“安く売れ”と言っているのではありません。

仕入れを安くする方法を探り、
消費税をプラスしても安く感じる価格にするのです。

そのためには、“仕入れ値を叩く”のではなく、
流通経路そのものを見直すのです。

個人商店のほとんどは、
問屋さんから仕入れていると思いますが、
これをメーカー直にしたり、
別のルートを開拓したりするのです。

たとえば、一般的な流通経路では、
メーカーの元値が1000円だとすると、
一次問屋に渡る時には1080円。

ここに30%の利益と消費税を加算し、
二次問屋に渡る時には1516円。

さらに30%の利益と消費税を加え、
小売店に渡る時には2128円。

同じことの繰り返しで、
最後の消費者に渡る時には2988円となります。

これをメーカー直にすると、
大量仕入れではないので割高になったとして、
仮に1380円での仕入れとします。

ここに利益30%+消費税で、1937円となります。

これまでの仕入れと比べれば、
1000円以上安く売ることができるようになるのです。

小さな個人商店でそんなことはできない、
と思っている方もいるでしょうが、
いまがチャンスなのです。

いま、メーカーは大手流通企業に価格を叩かれ、
別の販売経路を模索しています。

小さな相手でも、無視されることはありません。

同業種と手を組んで、
共同で仕入れることも考えられます。

旧態依然としたシステムを破壊して、
お店とお客さまの両方が喜べる商売をしてみませんか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック