中国製品への信頼が地に落ちたいま、
金銭的余裕のない消費者までもが、
国産品を手に取るようになりました。

「安かろう 悪かろう」でも、
それを納得して買っていた人たちはいましたが、
さすがに「危険なもの」には、安くても手を出しません。

「脱・中国」がますます進むと同時に、
他の外国産までもが敬遠されるようになるでしょう。

そうなると、「国産」であることの価値が、
これまで以上に高くなり、
大きなセールスポイントとなるはずです。

「国産」が当たり前の商品であっても、
消費者が認識していなければ、
敢えて「国産」をアピールした方が売りやすくなります。

輸入商品で溢れかえっている、いまの日本では、
「国産」は強力なアピールポイントとなります。

特に大手企業が扱う商品は外国産が多いので、
個人商店が大手に勝つチャンスかもしれません。

「国産」であることプラス、
信頼の技術で作られていることを訴求すれば、
「安全」「安心」を求める日本の消費者は、
必ず振り向いてくれます。

これまでのような価格競争に巻き込まれず、
多少高くても買ってもらえるようになります。

どんどん「国産」をアピールしましょう。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック