“ご用聞き”と言うと、
「いまどき、そんなことやってないよ!」
と思われるかもしれませんが、
“ご用聞き”で成功しているお店は、結構あるものです。

いま消費者は、欲しいものにしか手を出しません。

なので、どれだけ品揃えを豊富にしても、
自分の趣味に合わなければ、買わないのです。

お客さまの欲するものを理解し、
的確な商品を品揃えするのは、かなり難しいことです。

そんな時に、“ご用聞き”が役に立つのです。

お客さまの希望に合った商品を
仕入れれば良いのですから、無駄な在庫もなくなり、
効率の良い商売ができるようになります。

現在“ご用聞き”で成功している事例としては、

「住宅のメンテナンスを“ご用聞き”している工務店」
「在庫を持たずに、
 ユーザーの希望の車を仕入れる中古車販売店」
「季節ごとに常連さんの趣味に合った服を
 海外から仕入れるブティック」

などがあり、何れも不良在庫を発生させずに、
健全な経営を実現しています。

“ご用聞き”と言っても、
お客さま宅を直接訪問する必要はありません。

いまは、そういうことを嫌う方もいるので、
ハガキやメールで聞けば良いのです。

お客さまが望む商品を提供するのですから、
これほどリスクの少ない販売方法はありません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック