業績の落ち込んでいるお店は、その解決策として、
売り上げ比率の高い商品に力を入れようとします。

その商品が売れているから、もっとアピールすれば、
さらに売り上げは上がる、と考えます。

強い商品をさらに伸ばすというのは、
一見セオリー通りで正しいように思いますが、
必ずしもそうではありません。

商品の性質や価格によっては、
それ以上は伸びない場合もあります。

売り上げの伸びる可能性が高く、注力すべき商品は、
「地域シェアの高い商品」なのです。

つまり、売り上げ高ではなく、
数多く売れている商品のことです。

数が出るということは、
それだけお客さまの数が多いということです。

数の多さが地域シェアなので、その商品に注力すれば、
さらに多くのお客さまを掴むことができるのです。

お客さまが増えれば、口コミも期待できますし、
他の商品を“ついで買い”する可能性も高くなります。

その商品を主力にすることで、
さらに地域シェアが上がり、集客力にも繋がるのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック