お客さまとのつき合いを長く続けたいなら、
お客さまと接触する機会をより多くする必要があります。

商品の購入は別として、頻繁に顔を合わせていれば、
お客さまとお店との距離は縮まり、
お店への親しみ、愛着を感じてもらえます。

密な関係ができていれば、
新商品の発売やセールの告知がしやすく、
来店促進も容易になります。

“人の繋がり”こそ、商売を楽にしてくれる、
もっとも有効な手立てなのです。

では、どうすれば、
お客さまとの接触を増やせるのでしょうか。

もっとも効果的なのは、「ニューズレター」です。

あなたもご存知だと思いますが、
宣伝臭さを極力排除し、
店主や従業員の人間性や家族のこと、
プライベートなできごとなどを
面白可笑しく記事にしたものです。

このニューズレターが定期的に送られて来ることで、
お客さまは心待ちにしてくれるようになり、
普段会わなくても、
身近な存在として認識してもらえるようになります。

また、地域の行事の世話役を買って出たり、
清掃ボランティアに参加したりすることも、
非常に効果的です。

地域でよく知られた存在になることが大切なのです。

“知っている”ということは、“安心”に繋がり、
お店の信頼を高めることにもなります。

すなわち、「知り合い」から「お客さま」に
変わる可能性も高くなるのです。



■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック