最近、名刺に凝る方が増えています。
自身の似顔絵や写真を入れたり、
裏に、気の利いた言葉を書き込んだりして、
捨てられない工夫をしています。
話のキッカケにもなります。

それだけ、名刺が販促ツールとして、
重要だということです。

しかし、商店では、
お客さまに名刺を渡すところはありません。
名刺を持っていない店主さえいます。
どうしてでしょう?

商店会の会合や取引先の人間とは
名刺交換をするのに、
最大のお取引先であるお客さまには渡しません。

これは、実にもったいないことです。

名刺は、お店のこと、
自分自身のことを知っていただくために、
とても重要なものです。大きなチャンスなのです。
渡さない手はありません。

お店のこだわりを書いてもいいかもしれません。
店主のプロフィールでもいいでしょう。
お店や自身のキャッチフレーズ。
定期的に書き換える、俳句や川柳も面白いでしょう。

私の一番のお奨めは、裏に、手書きでこう書くことです。

『次回、この名刺をお持ちいただければ、
 ○○○をサービスいたします』

○○○は、「500円割引」や
「消費税相当分」などがいいと思います。

これによって、
名刺に2つの機能を持たせることができます。
自身を印象づけるツールと
サービスチケットの役割です。

名刺だけでは、捨てられる可能性は大です。
チケットだけでは、
自身をアピールすることはできません。

また、手書きにすることによって、
もらったお客さまが捨てにくくなります。

「あなただけ」という印象を与えることもできます。

たった1枚の名刺ですが、
すべてのお客さまにお渡しすれば、
どれほど効果のあることか。

反応率は低かったとしても、
宣伝効果は、計り知れないものがあります。

名刺は、とても安価な販促ツールなのです。


■人気ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック