訪日外国人の急増によって、
観光地やさまざまなお店が賑わっています。

これまで観光客などが来なかった地方にも、
たくさんの外国人が訪れるようになりました。

この状況はしばらく続くようなので、
ひとつの大きなビジネスチャンスだと言えます。

思うように売り上げが伸びないというお店は、
外国人ウケするような仕掛けを考えたり、
日本独特の文化をアピールするのも悪くはありません。

「サルが接客する居酒屋」や「激セマなスナック」、
「立ち食いそば屋」「ドン・キホーテ」などに、
外国人が集まっています。

しかし、どうやって呼び込むのかがわかりませんよね。

そこで、「ロンリー・プラネット ジャパン」という
旅行ガイドブックの登場です。

日本で言う「地球の歩き方」のようなガイド本で、
650の国と地域を紹介しています。

歴史や文化、気候、言語はもとより、
移動手段や安い宿泊施設、キャンプ地など、
個人旅行のための情報が充実しています。

海外から来る人がかなりの確率で持っており、
その中の情報を元に、訪れる場所を決めているようです。

つまり、このガイドブックに掲載されれば、
非常に効率の高い販促策となるのです。

しかし、待っていても掲載してはもらえません。

まずは、訪日外国人の話題になるような
アプローチが必要です。

・友人知人に手伝ってもらい、外国人にPRする。
・SNSを使い、英語で情報発信する。

まずは、この2つに取り組んでください。

英語ができない、という不安もあるでしょうが、
接客に対しては最低限の言葉だけを憶えれば、
まずは大丈夫です。

情報発信に関しては、
身のまわりの外国人や英語のできる人に
協力をお願いしましょう。

日本人にはありふれたことでも、
外国人には新鮮な驚きがあります。

アプローチの仕方次第で、
新しいお客さまを獲得できます。

訪日外国人が1900万人を超えたいまがチャンスです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック