お客さまに商品の説明をする時、
どれだけ饒舌に話しても、
「嘘くさい」「売り込もうとしている」
と感じてしまうお客さまはいます。

それは、話す人の心が見えないからです。

特徴だけを羅列したり、良いことばかりを話していると、
お客さまは信用しなくなります。

メリットだけではなく、
デメリットも正直に話すことが大切です。

しかし、もっと効果的なのは、
自身で使ってみた感想を話すことです。

使用体験こそが、
説得力のあるセールストークとなるのです。

使ったことがあるかないかで、言葉が大きく変わります。

「扱っている商品すべてを自分で使っていたら、
 経費ばかり掛かるよ」

そう思われる方もいるでしょうが、
すべてである必要はありません。

商品のひとつひとつに関して、
セールストークをシミュレーションしてみましょう。

細かな説明のいらない商品もあります。

使ってみた方がお客さまを説得しやすい、
と感じた商品のみで構いません。

自身の使用感を伝えることは、
何よりもお客さまの心に響きます。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック