お客さまが商品を選ぶ際には、
品質や価格を比べるのはもちろんですが、
最終的に決定する基準は、
「好き」か「嫌い」かなのです。

どれだけ良い商品だとわかっても、
自身の感性が拒否すれば、買わないのです。

お客さまに、「なぜ買わないのか」を
聞いてみればわかります。

「特に理由はないけど、あまり好きじゃない」
という答えが多いことに驚くかもしれません。

「嫌いだ」と言われれば、
もうどうすることもできません。

説得材料が皆無な領域です。

こうなると、商売人は困ってしまいます。

しかし、対処法がないわけではありません。

お客さまが「好きだ」と言うような商品を
揃えれば良いのです。

簡単なことではありませんが、
商売の基本がこの問題を解決してくれます。

『お客さまの好みを知る』

お客さまの志向を読み取ったり、
会話からヒントを探ったり。

顧客カード・カルテを作成したり。

自店にやって来るお客さまを徹底的に分析すれば、
どんな好みなのかがわかるようになります。

その好みに合わせた商品を陳列するだけで良いのです。

「好き」の確率は高くなり、
満足して買ってもらえます。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック