集客に悩んでいる店主は、
往々にして中途半端なやり方をしている場合が多く、
結局は中途半端な結果しか得られていないのです。

予算や手間を惜しむ故に、
却って無駄なお金・時間を費やすことになるのです。

集客には、“思い切り”が重要です。

とにかく目立つインパクトがなければ、
失敗してしまいます。

集客に注力すると決めたら、
広告費や目玉商品の価格をケチらないことです。

特に商品価格は、
お客さまを驚かせるほどでなくてはなりません。

5000円のものを2000円に。
1000円のものを100円に。

それくらいのビックリ価格が、効果を発揮します。

ただし、その商品の購入には条件をつけます。

他の商品を買ったお客さまだけが、
ビックリ価格で買えるようにします。

以前なら、激安商品を出したとしても、
他の商品も一緒に買ってくれていましたが、
生活環境が厳しいいま、
その商品だけが売れることになってしまいます。

この手法は、スーパーでよく実施されています。

「玉子1パック10円。
 ただし、500円以上お買い上げの方」

こうした表示を見掛けることはあると思います。
非常に効果の高い方法です。

たとえ条件がついていたとしても、
激安の魅力が勝ります。

他の棚を見て、
「買わなければいけないものはなかったか」
「何か買ってもいいものはないか」
を探し始めます。

これで、他の商品が売れるのです。

この手法で、お客さまがもっとも興味を示す数字が、
「10円」です。

10円未満の商品は、いまの社会ではほとんどないので、
“モノを買う”最小価格が「10円」なのです。

つまり、もっとも安い価格。
これ以上のインパクトはないのです。

「10円なら、無料プレゼントでも良いのでは?」
と思うかもしれませんが、
人の心理として“無料”はあまり信用されません。

「裏があるのでは?」と勘ぐられてしまいます。

たとえ10円でも払うことで、“安心”するのです。

「10円」にできる商品は限られるかもしれませんが、
思い切ることで、その効果に驚くことでしょう。

しかし、容易なことではないので、
じっくりと策を練ってください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック