商品のことをもっとお客さまに知ってもらいたい。
自身の熱い思いをお客さまに伝えたい。

そうすれば、自然に売り上げも伸びてくるのに。

そう思いながらも、
モヤモヤとした日々が流れていくだけ。

一度の宣伝やセールでは、何の効果もありません。

継続するのはお金が掛かり、
費用対効果のアンバランスに悩むだけです。

そこで、お金を掛けずに継続できる方法を。

手づくり情報誌を発行するのです。

商品のこと、お店のことを書き綴ります。

ただのPRではなく、
「なぜ仕入れたのか?」
「どんなところに惹かれたのか?」
「どんな思いで売っているのか?」
など、店主の思いを率直に書くのです。

また、「商品の選び方」や「お手入れの方法」など、
お客さまのお役立ち情報も盛り込みましょう。

接客だけでは伝わらないことも、
情報誌に思いを込めれば、お客さまに読んでもらえます。

たった1枚の情報誌でも、複数回の来店と同じ
コミュニケーション量となるはずです。

コミュニケーションが多いほど、
お客さまはお店に親しみを感じてくれます。

親しみは信頼に変わり、
やがて常連さんとなっていくのです。


情報誌の編集・執筆は、自身の鍛錬にもなるので、
ぜひ取り組んで欲しいと思います。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック