いま、大変な賑わいを見せている「道の駅」。

地場産品をメインに、さまざまな趣向を凝らし、
レジャー施設と言っても良いほど、
お客さまを集めています。

なぜ、そこまで人びとを惹きつけるのでしょうか。

「ご当地ブーム」や「お取り寄せ」の流行が示すように、
人びとは生産している場所、生産している人から、
直接買いたいという欲求を持ち始めたのです。

知らないものや珍しいものへの興味とともに、
その商品を作り出す環境や人のことも
知りたいと思うようになったのです。

その象徴とも言えるのが、
野菜を陳列した場所に掲げられているPOPです。

生産者の顔写真と名前、
野菜づくりへのこだわりなどが記載されています。

よく「生産者の顔が見える」と言いますが、
まさにこのPOPはその代表的なものです。

これがついているのとついていないのとでは、
売れ行きがまったく違ってくるのです。

出所のハッキリしたものに人は安心し、
こだわって作られたものに興味を示すのです。

これは、どんな商品にも言えることです。

どこにでもあるように見える商品でも、
その作られ方やこだわりを知ると、
特別なものに思えるのです。

あなたのお店でも、
生産者・製造元を紹介してみてください。

POPでも良いし、熱く語るのも良いでしょう。

必ず、お客さまの眼が変わります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック