言わずもがなですが、
商売をする上でもっとも経費が掛かるのは、
人を雇うことです。

店主ひとりであったり、家族だけで営んでいるお店は、
人件費の苦労が少なくて済みます。

しかし、ひとりでも従業員がいると、
毎月決まった額の経費が必要となります。

儲かっている時は良いのですが、
お客さまが少ない時でも同じ額の出費となるのは、
小さなお店には厳しいことです。

少し忙しくなったからといって、
安易に人を雇ってはいけないのです。

一度雇うと、簡単には辞めさせられません。
「暇だから、休んで!」と言うこともできません。

従業員の生活を守らなければいけませんから。

なので、忙しい曜日や時間だけ、
パートやアルバイトを雇えば良いのです。

「そんな都合良く雇えないよ」
と思う人もいるでしょうが、
いまの世の中、働き方も多様化しています。

学生や主婦なら、少しの空いた時間だけ働きたい、
という人が必ずいます。

忙しい時間だけ来てもらうことができれば、
人件費の無駄は省けます。

暇なお店の従業員同士が、
クチャクチャおしゃべりしている光景はよく見ます。

この時間も人件費は発生しているのです。

こんな無駄を放置していては、
どれだけ頑張っても儲からないのは当然です。

「忙しいから、ひとりかふたり雇ってもいいか」
という適当な考え方は絶対にダメです。

現在の状況を充分に見極めた上で、
最低限必要な人員を雇うようにしなければいけません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック