不景気になると、消費者はモノを買わなくなります。

しかし、それは「余計なもの」を買わないだけであって、
自身が必要だと認めれば、多少高くても買います。

生活において、本当は必要が無いものでも、
自身が本気で欲しいと思えば、
それは“必要なもの”になるのです。

つまり、お店としては、
お客さまに欲しいと思わせることができれば、
どんなものでも売れるようになるのです。

すなわち、消費の動機づけを考えれば良いのです。

その中のひとつとして、
古くから使われている方法があります。

年中行事に合わせた売り込みです。

「バレンタインデー」「ホワイトデー」
「母の日」「父の日」などです。

こう書くと、「うちは扱っている商品が…」と、
関係がないような態度になる店主がいます。

その消極的な姿勢が、
売り上げを落ち込ませているのです。

“無理やり”“こじつけ”で良いのです。

贈り物であれ、自分用であれ、
行事に結びつけたアピールをすれば良いのです。

世の中の盛り上がりに便乗するのです。

バレンタインデーに、
“頑張った自分への人生最後の贈り物”として、
お墓を提案しても良いのです。

家族・友人たちが集まって来る、
楽しいお墓を作りたいと思う人もいるはずです。


年中行事はたくさんあります。
多くの拡販チャンスを逃さないでください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック