不況が続くと、消費行動は慎重になります。

じっくりと時間を掛けて、選ぶようになるのです。

そんなお客さまに決断を促す、
強力なフレーズがあります。

「長持ちしますよ」。

節約志向が染みついたお客さまでも、
このフレーズには反応してしまいます。

節約志向とは、安ければ良いということではなく、
必要なものとそうではないもの、
欲しいものと欲しくないもの、
高くても価値があると判断したものなどを、
明確に区別することです。

「長持ちしますよ」は、
高くても価値があると判断されるフレーズなのです。

したがって、高額商品であっても、
長年使えることがわかれば、買ってもらえるのです。

「一生のおつき合いになります」

「メンテナンスが不要です」

「10年着ても、流行に左右されません」

「家宝として受け継がれます」

こうしたフレーズによって、
商品の価値を伝えることができ、
お客さまの“迷い”を消滅させてくれます。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック