飲食店では時々見掛けますが、
来店したお客さまの写真を
壁一面に貼っているお店があります。

お店とお客さまとの“繋がり”を感じ、
とても好感の持てる光景です。

笑顔で写っている写真を見ると、
お客さまに愛されているお店であることがわかります。

この“演出法”は、飲食店でなくとも
活用できるのではないでしょうか。

買った商品を手に写ったり、店主と一緒だったり。

“来店”という日常の一場面を
記念撮影のように盛り上げることで、
お客さまの記憶に残るようになります。

さらに、自分の写真が飾られているお店には、
親しみを感じるものです。

また行ってみよう! となるものです。


これとよく似た、同じような効果をもたらす手法として、
広告にお客さまの名前を載せる、というものもあります。

年末に、その年一年間に来店していただいた
お客さまの名前とともに、
感謝の言葉を述べた広告を打つのです。

個人が特定できないように、漢字ではなく、
カタカナ・ひらがなで名前を掲載します。

どうでも良いようなことですが、この広告を見ると、
お客さまは自分の名前を探してしまうものです。

名前があるだけで、笑顔になってしまうのです。

なぜか、それだけのことでお店との距離が縮まり、
親近感を抱くようになります。


写真や名前を出しているだけのことで、
お客さまのリピート率は、格段に高くなるのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック