流行っているか、流行っていないかは、
そのお店を見ただけでもわかってしまうものです。
お客さまがいる、いないに関わらず、わかります。

流行っているお店は、輝いているのです。

一歩足を踏み入れると、
そこは、光や風、空気、温度が
感じられるような空間になっています。

ある場所には、スポットライトが当たり。
ある場所では、言葉が語りかけてくる。

温かい場所もある。
季節も感じられる。

少し抽象的で、恥ずかしいような言葉ですが、
これが「演出」なのです。

商品は、お店という舞台で演じる役者です。

その役者に演技をつけ、スポットライトを当て、
音楽で盛り上げるのが、
演出家である店主・販売員なのです。

その演出次第で、役者は見事に演じ、
大拍手をいただくのです。

言い古された言葉ですが、本当に大切なことなのです。

これを意識して、商売をするかどうかが、
お店づくりを左右するのです。
忘れないでください。

では、具体的な演出方法をご紹介しましょう。

●人は季節感に心を動かされる。

日本は四季がハッキリしていて、
その季節ごとに味わいがあり、
人の心の状態にも深く影響します。

春はウキウキとし、夏は開放的に、
秋はしっとりと、冬は穏やかになります。

もし、真冬のお店で、夏の演出をしていたら、
お客さまは違和感を覚え、居心地も悪くなります。
やはり、季節に合わせた、
それなりの演出があるのです。

小さなお店では、一年中代わり映えしない
商品や陳列のところがありますが、
これでは、お客さまの心に響くことは何もありません。

ワクワクもウキウキもしないお店で
お買い物をして、楽しいでしょうか。

季節感の演出は、人の心を捉える基本です。

季節の草花を飾ってみたり、
タペストリーや小物で季節の色を出したりすることが、
とても大切なのです。

●色彩の対比で印象が際立つ。

真っ白な器を、白や淡い色のテーブルに置いては、
誰も見てくれません。

真っ赤、黒、濃紺の
ランチョンマットの上に置くと、どうでしょう。

目立つだけでなく、「白」をひと際美しく輝かせます。

あまり特長の無い器でさえ、
とても素敵でシンプルな器に見えます。

「特長が無い」と「シンプル」は、
同じようで、違うのです。

まったく同じ商品だったとしても、
お客さまの印象が違ってきます。

色彩の対比というのは、
それくらい重要な、演出の要素なのです。

特に売りたい商品には、下にクロスを敷いたり、
後にカラースクリーンなどを置いて、
目立たせる工夫が大切です。

●POPで想いを伝える。

POP(販売時点広告)は、その名の通り、
商品を売る、まさにその時、
“これはいいですよ”とアピールするためのものです。

お客さまが商品を眺めている時に、
ひとつひとつ店員が説明すると、
お客さまは嫌がります。
ゆっくり見たいのです。

でも、お奨めしたい商品なら、
その想いを伝えたいですよね。

わかって欲しい。
その代わりをしてくれるのが、POPなのです。

できれば手書きで、想いを書き込みます。
書く内容は、機能・性能などの
ハード面のことではありません。

どこがお奨めなのか。どこが良くて、仕入れたのか。
どこで仕入れたのか。どんな風に使って欲しいのか。

など、お客さまの「心」に触れる
内容・言葉を書き込むのです。
すると、手に取っていただけるのです。

●店頭で足を止めていただく。

いくら人の通行量が多い立地にお店があったとしても、
お店に興味を持っていただかなければ、
足を止めて、入っていただけません。

「おっ、安い」「面白そう」「美味しそう」「楽しそう」……
お客さまが想像を膨らませる仕掛けが必要なのです。

それは、ロゴ・マークや看板、暖簾かもしれませんし、
お店の外観かも。

食品サンプルの場合もありますし、
美味しそうな匂いも効果的です。

あまり特長が無いのなら、
通行客が思わず足を止めてしまうような、
低価格で魅力的な商品を
店頭のワゴンに陳列する方法もあります。

とにかく、足を止めていただく仕掛けを考えましょう。

「商品には自信があるんだ」なんていっても、
誰もお店には入って来ません。
お店の中のことは、知らないんですから。

●限定商品で期待感を演出する。

「限定商品」と聞くと、
お客さまは非常に興味を示します。
見たくなります。見ると、欲しくなります。

もし、買えなければ、
次回の入荷がいつになるのかを知りたくなります。

もちろん、その期待に応えることができる、
本当に良い商品でなければいけませんが。

毎月、毎年、季節ごと、同じ時期に
「限定商品」が入荷するとなると、
お客さまは、こぞってお店にやって来ます。
いつでも手に入る商品では無いからです。

希少価値に、お客さまは満足するのです。

しばし、幸せな刻が過ごせます。
そこで、予約注文に応じると、
すぐに売り切れになります。

このように限定商品は、まったくロスの無い、
確実な売り上げを計上することができます。
ぜひ、探してみましょう。

人の心理、心に触れる演出は、
商品を、そしてお店を輝かせてくれるのです。


■人気ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック