不景気が続くと、高額商品はますます売れなくなります。

「どうにか売る手立てを…」と考えても、
解決策は容易く見つかるはずもありません。

現状のままでは、
閑古鳥を呼び込むことになってしまいます。

そこで、発想の転換。

売れないのなら、貸し出してみてはどうでしょう。

この方法で、
安定した収益を確保している商店も多いのです。

たとえば、布団屋さん。

いまどき、個人商店で
高級羽毛布団セットを買うお客さまはいません。

古くからのお馴染みさんが、
たまに買ってくれるだけです。

しかし、不思議なことに、布団屋さんの中には、
お客さまがまったく来ていないのに、
潰れないお店があります。

こういうお店は、布団のレンタルで稼いでいるのです。

急な来客用、お葬式、学校行事などに対応しています。

初期費用を回収した後は、メンテナンス費用を除けば、
すべて儲けになります。

非常に効率的なビジネスだと言えます。

このように、年に数回した使わないもの、
常備する場所に困るもの、
高額で所有することが難しいものなどは、
レンタルに向いています。

節約志向が定着しているいまこそ、
レンタル業が繁盛するのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック