うなぎを食べに行くと、
メニューには「松」「竹」「梅」の文字が。

商品の量やグレードによって、お客さまが選びます。

その割合は、
ほとんどの場合「松3:竹5:梅2」となります。

高い「松」は躊躇し、安い「梅」は恥ずかしい。
よって、「竹」を注文するお客さまが多くなるのです。

これは商売の基本なので、ご存知の方も多いはず。

では、あなたのお店には「松竹梅」はありますか?

商品のグレードに合わせた価格帯を揃えることです。

「うちは高級店だから…」「うちは庶民派だから…」
と、片寄った商品構成になっていませんか?

もちろん、それも“お店の主張”なので、
否定はしません。

しかし、そのために逃しているお客さまがいることを
覚えておいてください。

お金持ちだけが高級店に行くわけではありません。

お金持ちだから安いお店には行かない、
というわけでもありません。

ライフスタイルが多様になってくると、
お客さまの指向を決めつけることは危険です。

日頃は倹約家でも、時には高級店を覗き、
買いたくなることもあります。

そんな時に「松竹梅」があると、
購入しやすくなるのです。

極端に高額なものばかりでは、
陳列を見て、買わない人が多くなりますが、
「松竹梅」という選択肢があれば、
「竹」や「梅」を安いと感じ、
購入を決断する可能性が高くなります。

たとえ「梅」を買ったとしても、
高級店で買った満足感が残ります。

逆に庶民派のお店では、いつも安いものばかりがあると、
お客さまは安さに慣れてしまい、感動しなくなります。

そこで、「松竹梅」で刺激を与えるのです。

同じような商品の中で選択肢を作り、
安いものを賢く選んでいることを認知させるのです。

そうすれば“慣れ”はなくなり、
毎回刺激を与えることができます。

「松竹梅」は、お客さまを飽きさせない販促策なのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック