売れそうな商品を見つけて、安く仕入れ、
それなりの価格をつけて、店頭に陳列する。

チラシを打って、お客さまを呼び込む。

モノを売るための一連の作業ですが、
それであなたのお店は繁盛しているでしょうか。

もし儲かっていないのなら、
どこに問題があると思いますか。

これら作業の“中身”に問題があるのです。

「商品は吟味しているし、価格交渉もしているよ」。

それは商売人として当然のことで、
やって当たり前の“作業”に過ぎません。

私は、“仕事”をしろ! と言っているのです。

商売人の仕事とは何でしょうか。

お客さまを喜ばせ、
時にはお客さまの生活をも変えてしまうこと。

お客さまの人生を変えてしまうことも
あるかもしれません。

それだけ、商売人には大きな責任があるということです。

なのに、商品を右から左へ流すだけの
“作業”をしていて良いのでしょうか。

もっと真剣に“仕事”をすべきです。

決まった仕入れ先で、商品を選ぶだけ。

買い叩いて、安く仕入れるだけ。

棚に並べるだけ。

商品と代金を引き換えるだけ。

これは、“仕事”ではありません。

お客さまを喜ばせるためには、
もっと歩かなければなりません。

安いものを見つけるのではなく、
価値のあるものを探さなければなりません。

棚に並べる時には、
お客さまへの“提案”が見えなければなりません。

お客さまの大切なお金をいただく時には、
両手で受け取らなければなりません。

これが、商売人の“仕事”なのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック