FC2ブログ
「興味はあるけど、入りづらいなぁ」。

お客さまがそう感じるお店はたくさんあります。

外観や中の様子をチラッと見ただけで、
入ることを躊躇してしまうようなお店のことです。

まずは入ってもらわなければ、
商売として成り立ちません。

コンビニのように、中の様子が見てわかるようにすれば、
幾分安心感が出て、入りやすくはなります。

しかし、それで集客できるのかと言うと、
そう簡単なことではありません。

根本的な問題を解決しなければなりません。

お客さまが入りたくなるような“魅力”があるかどうか。

主力商品に自信があるにも関わらず、
お客さまが来ないのであれば、それはPR不足です。

お客さまが知らないだけかもしれません。

PRしていても集客できていないのであれば、
商品に“魅力”がないということです。

この見極めが重要です。

もし、商品力が弱いと思うなら、
もっと魅力のある商品を品揃えする必要があります。

お客さまが「どうしても見たい!」と思い、
即行動するような商品。

それは、主力でなくても構わないのです。

お客さまが知らない、ドキドキ、ワクワクするような
商品を置いてみるのです。

それをPRすれば、お客さまの“好奇心”が刺激され、
お店に入る勇気が生まれます。

客数が増えれば、主力商品の販売機会も増大します。


物欲のない、現代のお客さまを呼び込むのは、
“好奇心”なのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック