FC2ブログ
広告やチラシを打つことだけが、宣伝ではありません。

お客さまと接する場面は、
すべてが宣伝の機会となります。

店舗・看板・のれん・包装紙・ショッピングバッグなど、
お客さまの視界に入るものは、
すべてが宣伝のメディアとして、
機能させることができます。

飲食店の箸袋も
店主・従業員のユニフォームも活用できます。

これらのメディアに、思いを込めるのです。
伝えたいことを盛り込むのです。

どんな思いで商売をしているのか。
商品へのこだわりは何か。

思いは、心に秘めていても伝わりません。
言葉にしてください。

キャッチフレーズにしても構いません。

難しいと思うなら、長い文章でも良いでしょう。

とにかく、
お客さまに伝わるようにしなければなりません。

一度に伝えきれないと考えるなら、
情報誌のようなものを作っても良いでしょう。

お客さまとの接点を生み出すことが大切です。

思いが伝われば、興味を持ってもらえ、
「一度、覗いてみようか」となるのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック