お客さまに買ってもらうための
“説得”は難しいものです。

贅沢の許されない現代では、
どれほど欲しいものでも躊躇します。

家族を持つ身なら、なおさらのこと。

自身のためだけにお金を遣うことは、
家族の了承なくしてはあり得ないほどです。

なので、衝動買いを期待することはできません。

しかし、自身のため以外の買い物をする場合は、
“説得”次第で、簡単に売ることができるのです。

たとえば、奥さんやお子さんのものを男性に売る場合。

「いつも帰りが遅いご主人を
 待つ奥さまを笑顔にしてみませんか」

「子どもの情操教育は、たくさんの笑顔からですよ」

商品を買うことでもたらされる、
“家族の幸せ”をアピールするのです。

自身のためにお金を遣うことは躊躇しても、
家族のためなら、決断しやすくなるものです。

また、家族を思いやる自分自身の評価も高くなるので、
満足度も上がります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック